足が痒い、だるいも静脈瘤の始まり?

足のむくみ 静脈瘤

 立ち仕事が多い人は自然と血液が足に溜まりやすくなります。

 

 下肢静脈瘤になると、足の血管がボコボコと目立つようになります。
 青っぽく血管が浮いて見えたり、ふくらはぎ全体がボコボコになってしまう人もいるようです。

 

 私の同僚にもいますが、看護師や美容師さんなどは多いですね。

 

 その他にも足の痛みやかゆみ、だるさを感じたり、寝ているときにしょっちゅう足がつることもあります。
 さらにひどくなると皮膚が茶色っぽく色素沈着してきたり、炎症を起こして皮膚がぼろぼろになってしまうこともあるんです。

 

 

放っておいても命に別状はないけど・・・

足のむくみ 静脈瘤になる手前

 この下肢静脈瘤は男性よりも女性に起こりやすく、立ち仕事をしている人が悩まされることが多いのが特徴です。
 また、妊娠・出産で症状が悪化し、加齢とともに症状が出やすくなります。

 

 静脈は老廃物などを心臓に流す役割を持っています。
 心臓よりも高い位置にある場合、重力で静脈に流れる血液は比較的簡単に心臓に戻ることができます。
 しかし、心臓から離れた低い位置にある足の静脈から心臓に血液を戻すには、ポンプのような役割を持つふくらはぎの筋肉がある程度、発達していること、そして、静脈弁と呼ばれる弁が正常に機能している必要があるのです。

 

 次第に静脈弁が機能しづらくなり、心臓に血液が戻りにくくなって、下肢静脈瘤の症状を引き起こしてしまうのです。
 下肢静脈瘤そのものが命にかかわるような症状ではないため、治療をしないでそのままにしてしまう人が多いのが現状ですが、見た目がとても痛々しいので、むくみが気になる方はきちんとケアして欲しいと思います。

 

 単なるむくみだから大丈夫!と軽く考えずに、立ち仕事をしている方はこまめに歩いたり、その場で足踏みをしたりしてみてください。また寝るときはクッションを重ねたりして、足を心臓よりも高い位置におくことも効果的です。
 家に帰ったら、むくみ防止の靴下を履いてみる、1日の終わりにはマッサージをしてみるというのもいいと思いますよ。

 

立ち仕事のむくみトップページへ