水分を出す食べ物、貯める食べ物

むくみ 果物

私は看護師ですが、看護師の他にも飲食店や販売員、塾の講師やスポーツジムのインストラクターのように、仕事の時間が不規則な人ってホントに栄養が偏りがちなんですよね。
家に帰ってもご飯を作る気もしないから、コンビニで買ったもので済ませる・・・・。
足のむくみもそういう普段の食生活のツケが回ってきてるとも言えるでしょうね。

 

なので、私はずは味の濃い食事や塩分の多いファーストフードやジャンクフードを控えることを心がけています。
塩分を摂りすぎると、体は体内の塩分濃度を一定に保とうとして、水分を細胞の中にため込もうとするんですね。水分は重力でに下がって、その結果足がむくむわけです。

 

じゃあ、体内の余分な塩分を排出してくれるのは何っていうと、カリウムを含む食品を摂ることです。

 

一番簡単にとりやすいのは、果物ですね。
グレープフルーツ、バナナ、夏場ならスイカを食べてもいいでしょうけど、朝とか切るのが面倒なので、バナナが一番いいですね。硬質のミネラルウォーターでも手軽にミネラルを摂取することができます。
朝バナナ+コントレックスの組み合わせを試している人は多いでしょうが、ダイエット以外にも効果はあると思いますよ。

 

その他、カリウムは海藻類や果物、きゅうりやそらまめ、きのこ類などに豊富に含まれています。
時間のある時にはこういうものを使った料理も作りたいですね。

 

トイレの回数が少ないと思う人は

むくみ 小豆が効く

また体がむくんでくるとトイレに行く回数が減ってきます。
利尿作用がある食べ物を積極的に摂るようにしたいもの。利尿効果のある成分の代表的なものといえば、サポニンです。サポニンはあずきや緑豆、黒豆などの豆類に多く含まれているそうです。豆を調理するのは面倒という人も、缶詰やドライパックの豆なら手軽に利用できますよね。
塩分控えめのドレッシングと和えてサラダにすれば、見た目もおしゃれです。

 

また、おやつをあずきを使った和菓子にしたり、あずき茶を飲んでみるのもいいでしょう。スナック菓子などは意外に塩分が多く含まれているので、食べ過ぎは禁物です。

 

立ち仕事のむくみトップページへ